心電図

動脈硬化(血管の硬さ、狭窄・閉塞、血管壁の厚さ)の検査

動脈硬化が不安で循環器内科などを受診した際、医師はまず患者さんへの問診で胸痛、手足の麻痺、歩行時の下肢の痛みの有無や、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、心筋梗塞を起こした人が家族にいないかなどを訊きます。そして聴診や触診で動脈に狭窄がないかを調べます。

MRIによる動脈硬化の診断

血管の状態を詳細に把握するために、血管壁の厚さはどれくらいあるのか、血管の内腔はどれくらい狭くなっているのかなどを画像検査で調べたり、血管の硬さや血流の状態をエコー検査などで調べたりします。

大半の検査は日帰りで可能ですが、冠動脈疾患の有無の確定診断の際に行われる血管造影検査や血管内視鏡検査は、体内にカテーテルを挿入するため患者さんへの負担も少なくないため、検査前日に入院するのが一般的です。近年は高性能のマルチスキャンCTを導入している医療機関も増えており、狭窄の有無を日帰りで診断することも可能になりました。

動脈硬化の診断で行われる画像検査には、CT(コンピュータ断層撮影法)検査、MRI(核磁気共鳴画像法)検査、エコー(超音波)検査などがあります。体を輪切りにした断面画像を撮影することができるCT検査では、造影剤を血管内に注入して撮影することで冠動脈の狭窄の状態を調べることができます。

強力な磁場を利用して臓器や血管を撮影するMRIは、エックス線を使用しないので放射線の被ばくを心配する必要がありません。エコー検査は、高周波の音波を頸動脈や大腿動脈にあてて、反射した音波(エコー)を画像化する検査です。

高い弾力性が備わっている動脈ですが、動脈硬化が進行すると弾力性が失われて、硬くなってしまいます。これを数値化するのが、心臓足首血管指数(CAVI)や脈波伝播速度(PWV)、血管内皮機能検査、足関節上腕血圧比(ABI)などです。これらの検査は動脈弾性能検査と呼ばれており、いずれもベッドに仰向けに寝て、心音や上腕と足首の血圧を測定するだけの、体に負担がない簡単な検査です。

心臓足首血管指数(CAVI)は、心臓から足首までの血管がどれくらい硬くなっているか(=動脈硬化が進行しているか)を調べる検査です。CAVIの数値は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームの人は高くなります。測定の血圧が検査数値に影響しないのが、CAVIのメリットの一つです。

脈波伝播速度(PWV)は、心臓の脈波(拍動)が、動脈を伝わっていく速度を計測するものです。血管が弾力性に富んでいると速度は遅く、血管が固くなっていると速度は速くなるという性質を利用して動脈硬化を診断するものですが、計測時の血圧に影響を受けるのが、この検査の欠点です。

血管内皮機能検査は、腕の血流を5分程度遮断して、解放した時の血管の拡がり具合をエコーで見るものです。これにより動脈硬化の程度を調べるものです。足関節上腕血圧比(ABI)は、足首と上腕の血液を測定し、その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。ABIの数値が低い人ほど、足の動脈に狭窄や閉塞が起きていることを示しています。


ページトップに戻る