心電図

過剰なコレステロールと酸化は動脈硬化の原因となります

血液中に悪玉のLDLコレステロールが増えすぎると、動脈を構成する一番内側の膜(内膜)の表面からコレステロールが入り込み、「脂肪班」と呼ばれるシミのようなものができます。これが大きくなるとアテローム(粥腫:ドイツ語で"腫れもの"を意味)ができます。これを動脈硬化の第一段階として、放置していると徐々に進行していきます。

アテローム性動脈硬化

動脈硬化の第二段階では、アテロームの中のコレステロールが活性酸素などで酸化されて超悪玉の「オキシステロール」という物質になります。このオキシステロールは毒性が高く、周辺の組織に炎症を引き起こします。炎症が起こると、内膜が分厚くなる(肥厚)ため、血管の内腔が狭くなります。

心臓に酸素や栄養を供給している冠動脈が狭くなるのが「狭心症」、脳に血液を送る首の動脈が狭くなるのが「頸動脈狭窄症」、脚の動脈が狭くなるのが「慢性閉塞性動脈硬化症」です。これらは、動脈の内腔が狭くなり、血流が低下したために必要な栄養や酸素が行き渡らなくなったための臓器障害です。

さらに、オキシステロールが引き起こした炎症部分には白血球細胞などが集まり、その影響で組織が酸欠状態となり、これを補うために新しい血管(新生血管)ができます。肥厚した内膜はもろくて破れやすく、新生血管も非常にもろいため、血管の壁が縮むとすぐに破裂して、血流が途絶えやすい状態にあります。

喫煙やストレスなど体が参加しやすい状態にあったり、糖尿病でで血糖コントロールが上手くいっていないなどの状態が続くと、血管の筋肉が固くなって縮まり、新生血管が締め付けられて壊死してしまいます。すると、アテロームを覆っている膜が薄くなり、ちょっとした刺激で破れてしまいます。

破れたところに血小板が集まってできるのが「血栓」です。この血栓が心臓の冠動脈の中にできて、大きくなると、冠動脈の血流が途絶えてしまい、そこから先の組織が壊死してしまいます。これが「心筋梗塞」です。同じことが脳の血管に起きるのが「脳梗塞」です。

血管の壁にたまったコレステロールを酸化して、超悪玉コレステロールに変身させる犯人は「活性酸素」です。活性酸素は、体に侵入した細菌やウイルスを退治するという大切な働きがありますが、必要以上に増えると血管を劣化させてしまうのです。活性酸素が必要以上に増える原因は、喫煙、不規則な生活、食品(酸化した油、糖質)、糖尿病、ストレスなどです。

ストレスが活性酸素を増やすことは有名ですが、近年の研究では、活性酸素とは別の理由で、ストレスが動脈硬化を促進させて、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離などを引き起こすことがわかってきました。過剰なストレスがかかると、交感神経が興奮して、血管平滑筋細胞が縮みます。

その結果、動脈硬化が起きた部位にできた新生血管の血流が遮断されてしまい、壊死を起こして、血管が破れてしまうのです。


ページトップに戻る