心電図

体の表面から心機能を評価する心エコー

狭心症や心筋梗塞は、心電図検査を受ける際に「胸痛」や「脈が飛ぶ、乱れる」などの自覚症状がなければ、心電図のグラフには異常所見は見られません。心電図に異常がないものの、循環器内科の医師が診察をして心臓の病気の可能性があると判断されたときに行われる検査の一つが、「運動負荷心電図」です。

心電図モニターで狭心症を検出

これは運動によって患者さんの心臓に軽い負担をかけて、意図的に心臓に血流が不足している状態(虚血)を作り出して、そのうえで心電図の変化や不整脈の有無を記録して、狭心症やその診断やその程度を判断するものです。

運動によって加えられる負荷は、数分間の運動で少し汗ばんで、息が弾む程度です。負荷の程度は国内外の多くの研究と事例の結果から安全性が確立されたものですので、安心して検査を受けることができます。

狭心症や心筋梗塞は、動脈硬化によって冠動脈が狭くなることが原因で発症します。この冠動脈の内側が狭くなって血液を十分に心臓に遅れない状態が「狭心症」です。この狭心症が悪化して血管が完全に閉塞してしまい、そこからの先の心臓の組織に栄養と酸素を供給できなくなった結果、心臓の一部が壊死してしまうのが「心筋梗塞」です。

心筋梗塞を発症して生命を左右する事態を予防するためには、狭心症の段階で早期に発見して治療を開始することが大切です。しかし、狭心症では、重症の患者さんであっても症状が出ない安静時には、普通の心電図では「異常なし」となるため、狭心症を見逃してしまうことがあります。そこで運動負荷心電図の出番となるのです。

運動負荷心電図の方法には、傾きと速度の調整が可能なベルトコンベアーの上を歩きながら心電図を記録する「トレッドミル」と、固定している自転車をこぎながら心電図を記録する「エルゴメーター」の2つがあります。

いずれも負荷をかける際には、血圧計を装着して、医師の監視下で実施します。運動の付加の強さは、患者さんの心肺機能や運動能力に応じて医師が決定するので、心配いりません。

運動負荷心電図の結果、狭心症の疑いが強くなった場合には、薬物治療(ヘルベッサー、アダラート、アムロジピンなど)を開始したり、負荷心筋シンチグラム冠動脈造影などの、精密検査を行います。


ページトップに戻る