心電図

冠動脈の狭窄・閉塞の程度、範囲などを正確に評価する検査

血液を全身に送り出すポンプの役目をしている心臓ですが、その活動に十分な酸素と栄養が必要なため、心臓自身も血液を受け取る必要があります。心臓の筋肉に酸素や栄養を供給しているのが「冠動脈」で、心臓へ血液を送り出す「上行大動脈」という太い血管の最初の枝の部分を指しており、心臓の左右に一本ずつあります。

侵襲的な検査のため実施は慎重に

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症すると、冠動脈に動脈硬化(アテローム硬化)による狭窄、閉塞、あるいは冠動脈の痙攣が起こります。そこで、それらの有無、発症部位を確認、治療方針を決定する目的で実施されるのが、局所麻酔の下で造影用カテーテルと呼ばれる細い管の先端を冠動脈の入り口に挿入して、そこから造影剤を注入して、冠動脈の流れを動画のエックス線で撮影する「冠動脈造影」です。

虚血性心疾患の有無を判断する検査には、心電図、運動負荷心電図、心エコーなどがありましたが、いずれも非侵襲的検査に分類される、体への負担が少ないものでした。一方、この冠動脈造影は、患者さんの体に一定の負担をける侵襲的検査の範疇として扱われます。

冠動脈造影の説明を受けた患者さんが最も心配するのが、「カテーテルを心臓の血管の中でも特に重要な冠動脈まで到達させて大丈夫なのか?」「心臓に到達するまで他の血管を傷つけたりしないのか」ということです。

確かに冠動脈造影でリスクのある合併症としては、心筋梗塞や脳卒中、コレステロール塞栓症などが挙げられますが、経験が豊富な循環器専門医が検査を担当すればほとんど心配のない合併症です。もちろん、だからといってどんな症例に対しても冠動脈造影が行われるわけではなく、医療者が非侵襲的な検査を十分に重ねて、それでも必要と判断した場合にのみ行われます。

冠動脈造影は先述のとおり、局所麻酔をして実施するため、検査の際には最低でも一泊の入院が必要になります。医師がこの検査を必要と判断したということは、ある程度の虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)が既に存在している可能性が高いということです。

また冠動脈造影自体が患者さんに負担を与えることから、医師は検査前後に患者さんの状態を十分に観察する必要があります。こえらのことから、安全な検査を実施するためには医療機関で3日前後の入院を勧められることが多くなっています。

カテーテルは手首(橈骨動脈)、肘(上腕動脈)、鼠径部(大腿動脈)から入れて上行大動脈まで進めて、冠動脈に先端を当てて造影剤を注入します。その際、一時的に体が熱くなったように感じますが、後から来る血液が造影剤を洗い流して、熱感はすぐに治まりますので、心配いりません。

なお造影剤を使用するため、造影剤を輩出する腎臓に機能低下がみられている患者さん(=高齢者、透析治療を受けているなど)、カテーテルが通過する動脈が閉塞していたり、傷がついている患者さんでは冠動脈造影ができないこともあります。


ページトップに戻る