心電図

血管が脆くなってコブができる大動脈瘤は破裂リスクに注意

心臓と直接つながっている大動脈は、心臓の上部から出て、胸の左後ろを通って、へその上部で左右に分かれています。大動脈は太い血管ですが、動脈硬化で弾力が失われると、心臓から送り出される血液の圧に耐えられなくなって、コブができることがあります。これが「大動脈瘤」です。

胸痛や背中の痛みは危険サイン

コブができやすいのは、心臓から直ぐ近くのところ(胸部大動脈瘤)、へその上で左右に分かれる手前のところ(腹部大動脈瘤)となっています。コブができている部分の血管壁は脆くて破れやすいので、放置していると、コブが大きくなって破裂して、大出血して生命にかかわることもあるため、早期発見して定期的に観察したり、破裂する前に手術をすることが重要です。

大動脈瘤は、胸部や腹部のエックス線検査で偶然発見されることもあります。大動脈瘤を指摘された場合、CT検査やMRI検査、エコー検査などで正確な大きさを診断します。大動脈瘤が破裂すると、背中や腹部に激痛が走ります。大量出血すると死亡することもあるので、すぐに救急車を呼び、血管外科等で治療を受けましょう。

通常、5cm以下の大動脈瘤は経過観察となり、破裂するリスクが高まる6cm以上のものは、手術が勧められますが、治療方針は患者さんの状態によって決定されます。

高血圧の人は要注意!動脈の内膜が裂ける大動脈解離

大動脈の壁もほかの動脈同様に、内側から内膜→中膜→外膜と3層の膜で構成されています。動脈硬化によって血管の壁に壊死が起こると、内膜が裂けることがあります。これが「大動脈解離」です。そして裂けめに血液が流れ込み、その勢いで中膜と外膜が剥がれ(解離)して、血液がたまってしまうのです。

破裂や血流障害が起き、最悪の場合は死亡することもある恐ろしい病気です。性別で見ると男性の方が女性に比べて3倍ほど発症率が高くなっています。特に高血圧の患者さんは大動脈解離のリスクが高くなっています。

大動脈解離の特徴的な症状は、胸や背中の引き裂かれるような痛みです。中膜と外膜の剥がれた部分はだんだん拡大していくので、痛みも移動していきます。かい離が大動脈の下の方で起きた時は、腹部や足に激痛があります。

大動脈解離の治療は、裂けた血管を人工血管などと交換する手術を行います。心臓の知覚で起きた解離は緊急手術が必要となりますが、心臓から離れた場所のかい離は、安静に降圧剤を服用して経過観察になることもあります。


ページトップに戻る